VALUを始める前に知っておいてほしいこと、使い方

VALUを始める前に

テレビ東京系列のWBS(ワールドビジネスサテライト)に取り上げられたり、色んな騒動があったりと良くも悪くも注目を集めているVALUですが、初心者向けに気を付けたほうがいいんじゃないかな、という点をまとめてみます。

僕は2017/6月末あたりから参入して、記事現在で使用2か月近く経とうとしている状態です。
ちょうどユーザー登録が増えてくるあたりで割と早めの参入だと思います。

登録と審査

登録にはFacebookアカウントでの登録が必要です。
後に自分のVA発行して売買するには審査が必要になり、このFacebookアカウントとVALU内での名前や写真が一致するかとかもポイントになっているようです。

VALUの自分のアイコンの写真とFacebookの写真を統一したり、名前を実名もしくは芸名などに統一するなどするといいかもしれません。
こちらは現在人の力でやってるみたいです。

この辺りの登録の仕方などを今回伝えようとしているのではなく、今回は登録後審査通過後、実際どうなるのかといったところを伝えればと思います。

単に登録などについてはこちらの記事とかがわかりやすいです。

何が必要か?

一番大事なこと続ける事です!!

いや、それ重要なの?とか思われそうですが、たぶん最重要項目だとおもいます。

VALUにはSNSの機能もあって、タイムラインが存在します。

このタイムラインに投稿するアクティビティが売買に大きく関係しています。


誰かのVALUにお金を出すとしたら、何で判断しますか?

1.応援したいと思える夢やプロジェクトを実行している、または準備している
2.有名人
3.知り合い
4.惚れた

VALU内で興味が沸き売買意欲をそそられるのはだいたいこのあたりです。

余程有名ではない限り、自分のVALUを売るのはなかなかハードルが高いです。

なので、1をどう表現するかというのが重要になってくるわけです。

SNSと連携されているのでそちらを見てもらえればとか思いますが、まずはVALUの個人ページのタイムラインのアクティビティを見ます。

ちゃんと投稿しているのか、とか興味をそそられる内容かとかです。

毎日投稿しろとかは無いですが、少なくとも定期的にVALU内で何かを発信すべきです。

もしくは他のSNSで活動を活発にしている様子を伝えてほしい!見に行きます。有名じゃない人のSNSはなかなか目につかないので。

Facebook見ているひまあったら、VALU見たほうがいいです笑 実際僕もFacebookを見ていた時間のほとんどはVALUを見るようになりました。

有名人のVALU

何かに投資するとき、全く動いていない、もしくは不透明なプロジェクトに投資はしないですよね?

これは有名人にも言えることで、有名人が上場するともともと人気なので自ずと買い注文が集まり、価格が高騰していきます。

でもここで気を付けたいのは、その後その人がVALUを使用するのか?というところです。

これ、最近になってわかったんですが、VALUをとりあえず始めて、放置という人が少なからずいます。

売買だけでもやってもらえたら何とかなるんですが、完全放置はやばいっす。

これはもうどうすることもできません。価値がないVALUになってしまいます。

適正な価格まで上昇しますが、その後アクティビティがないと必然的にみんな売りに走ってしまうからです。

なので有名人だからといって必ずしも価値があるVALUであるとは言い切れないです。

もちろん積極的に利用している人もいるので、アクティビティを見て判断するといいでしょう。

登録したらどうなるの?

登録後、自分のVAを発行するというボタンから時価総額が算出されて審査が開始されます。

審査に通ると発行VA数を決められるので、より大きな数字を選ぶと良いです。

で、その後、

新着かカテゴリーに表示されます!



もともとやっている人は新着やカテゴリーをみて、気になった人をウォッチリスト(フォローみたいなもの)に入れます。

そしてさらにSNSやタイムラインをみて購入を決めていきます。

個人ページには自己紹介文が表示されますが、ここにVALU始めましただけとか、VALUのことはまだよくわかりませんとか書かないほうが良いです!

ウォッチリストに入れる気がなくなります。

単純に自分のしたいことや略歴とかを入れたほうがいいです。で、様子見ながらカスタマイズしていくのがいいです。

どう自分を売るか?という視点で考えると良いと思います。

あと、これはポイントなんですが、最初は少しずつ売る!ってゆうのが重要です。

放置されている方の多くは、最初の売り出しで売りすぎて、価格が上昇してきたところで大量に買った大株主に大売り出しされるというパターンです。

最初は100円だったVAが10000になったとしたら、そのVAを大量に持ってる場合売っちゃう人がいるんです。

投機目的(利益を得るやり方)なのでしょうが、大量売りされるとその人のVALUはその価格よりも下で売ろうとする動きが活発になり、どうしようもなくなってしまうようです。

あと自分のVAの価格は前日の最後に買われたVAの価格×1.5倍ずつ増えていきます。

なので最初の安いうちは1VAずつ放出し、1.5倍ずつ上げながら適正なところで何かアクションを起こすというのが今の賢いやり方の一つとなっているようです。

まとめ

始めてみようと思っている方は、継続して使っていけるか、飽きて辞めてしまわないかというところをもう一度考えてみたほうがいいかもしれません。

少なからずお金が絡んでくるサービスです。

それに信用をやりとりするサービスですので、実社会に影響がでる可能性もあります。

それでもなお、自分の夢に投資してほしい!という強い想いがあればきっとVALUはあたなにとって最高のプラットフォームになると思います。

そこには夢を応援したい人と夢を追いかける人がたくさんいて、なおかつアクティブだからです。

他のSNSにはない濃密なつながりができたり、あるいは新たなプロジェクトが生まれるかもしれません。

↓VALU内のやりとりはビットコインです。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す