VALUの取引ルール変更!さらにトレードしやすく。

VALUについては昨今いろいろなメディアに掲載や出演などされていて活発にシステムを良い方向にもっていこうという動きが見て取れます。

とある事件(笑)から、9/4には以下の内容で変更確認がありました。

•回数制限 :売買注文は、1営業日あたり合計10回まで
•1人のVALUに対する売買注文は、1日1回まで。ただし発行者による自己VALU売り出しを除く
•VALU発行直後の初回の売り出しは、5VAまで
•値幅制限: 前日終値の 75-150%
•出金制限: 1営業日あたり最大2BTC
•自分で出した買い注文/売り注文は、自分で売り/買いが不可

9/19~の新ルール

上記からさらに変更があります!

1.未成立売買注文の自動キャンセル
現状、売買注文における注文は、成立するか明示的に取り消されるされるまでそのまま残る仕様となっておりますが、成立可能性が低い注文が永久に残り続けることによる売買板の見づらさの解消および流動性向上のため、 注文を入れた日の翌週金曜日営業時間内に成立していない注文は自動キャンセルとなる仕様を追加します。

これはかなり有りですね!

いままで取引可能範囲外にあった注文はどうすることもできず(注文した本人は取り消せる)、放置しかなかったですが、自動キャンセルとなると板がすっきりしてトレードしやすい環境になりそうです。

2.値幅制限を50-200%に
売買注文は、前日終値の75-150%での範囲内となっていますが、 50-200%に緩和します。値幅の拡大により、売買成約率の向上が見込まれます。

これは賛否両論ありそうですが、サービスが始まった当初はこれやるとやばそうですが、現状では毎日ストップ高ということは難しいでしょうから良い方向にいくのではないかと思います。

暴落しそうですけどね笑

3.1日あたりの売買注文を合計10回から合計30回までに
先日9月4日に、価格操縦行為防止の観点から、売り注文は「1日に売却できるVAは、対象VALUの総発行VA数の10%以下」、買い注文は「1回に購入できるVAは、最大10VAまで」という数量制限を導入いたしました。
一方、取引回数制限は据え置かれておりましたが、 これを1日あたりの売買注文を合計10回から合計30回に緩和することにより「狭く深かった」VA取引をより「広く浅く」することで、より多くのVA発行者と購入者を結びつけられることが見込まれます。

これは素直にありですね。

売買の両方をカウントされるのですぐ取引制限に引っかかってしまった人も多いはずなので、より多くの取引が見込まれそうです。

4.「VALU発行直後の初回の売り出しは、5VAまで 」を撤廃
本来この制限は、MY VALU 発行後大量のVAを放出し、即座に売り抜けなどを防止するために入れていました。しかし、3と同様に9月4日に追加した1日あたりに売却できるVA数の制限がほぼ同等の機能を果たすと判断し、 現状の「VALU発行直後の初回の売り出しは、5VAまで」の制限については撤廃します。

これは最大10VAまでの購入という縛りがあるから確かに不要ですね。

分からずに大量売りしてしまうこともなくなりますし、わかりやすくなりました。

まとめ

今回のルール変更は僕個人の見解としてはとても良い方向に行くと思います。

売買の活性化ということを考えるとかなり良いです。

何かのメディアでいってましたが、まだ始まって3か月のサービス。

もっと長い目でみてください、1年、2年とか。

ごもっともです笑!

それだけ注目されているサービスなのでもっともっと精査していってほしいですね。

では。

コメントを残す