【映画】クラウドアトラスの凄い所(ネタバレ無)

皆さん知ってますか?クラウドアトラスという映画を。

誰かにおすすめの映画を聞かれたとき、僕はこの映画をまっさきにすすめます。

それも全力で!

映画概要

タイトル クラウドアトラス
ジャンル SF
公開年 2012年
上演時間 172分
点数 99点

レビュー

監督はマトリックスなどのウォシャウスキー姉妹。

この監督の作品の割にはあまり知られていない作品ではあります。

クラウドアトラスの凄い所は、6つの時代が同時進行していき、かつそれぞれの時代に同じ俳優が別人の役で出演しているということです。

かなり複雑な構成になっています。正直一回みたくらいでは理解できません。

エンドロールで役者が演じた時代のキャラなど出てくるんですが、唖然とします。

そして必ず、もう一度見たくなります

それぞれの話もかなり遠い未来から現代など幅広い時代が描かれていて、1つの話だけでもかなりおもしろいです。それが6つも連なってるんだから、まあ単純に×6です。そして+@。

何故6つの時代かというと、それぞれが人や事象で繋がっていたりします。

見ていると、あれさっきのあの人は?さっきのあの話は?など疑問が山のように降ってきます。

そして、それぞれが繋がっていきながら、エンディングを迎えるんですが、かなり感動的です。

SF好きの僕にとってこれはすべてがストライクゾーンの映画なのです。

SFやちょっと考えさせられる映画が見たいとき、損はさせません、見てください!

では。

コメントを残す