【映画】ハドソン川の奇跡の凄い所

ネタバレ無しです

2009年に起きたUSエアウェイズ1549便不時着水事故を元にした奇跡の物語。

クリントイーストウッド監督。コンパクトにまとめられ、かつ凝縮された90分です。

映画概要

タイトル ハドソン川の奇跡
ジャンル ヒューマンドラマ
公開年 2016年
上演時間 96分
点数 95点

スポンサーリンク

レビュー

この映画は実話ベースなのですが、何がすごいって、そりゃハドソン川に不時着して全員生還したってことなんです!

鳥がエンジンに激突するバードストライクが原因で操縦不能となるんですが、空港まではもたないと機長のサリーが判断。

着陸できるのはハドソン川のみと判断し、見事不時着成功します。

こののち、サリーは英雄としてメディアにとりあげられるんですが、保険とかの関係から事故を検査する機関みたいなところが出てきて空港に着陸できましたよ!みたいなことを言い始め、一転、サリーが容疑者となってしまいます。

もちろんサリーは自分の判断は正しかったと思っていたんですが、悪夢に悩まされるようになってしまいます。

という流れなんですが、これ、かなり面白いです!

96分という時間ながら濃密です。無駄なシーンなし。

最後は感動します。

ぜひさくっといい映画を見たいときはハドソン川の奇跡がおすすめです!

コメントを残す