VALUの良い所を考えてみる

そもそもVALUって?

 株式会社VALUは、2017年5月31日、個人が株式会社のように、じぶんの価値をシェア・トレードできる新しいフィンテックサービス「VALU(バリュー)」の提供を開始しました。「VALU」は、昨今注目を集めているビットコイン・ブロックチェーンの技術を用い開発され、金銭的な理由で諦めざるを得なかった夢や目標を、ファン(VALUER)から支援してもらい実現できたり、支援してくれたファンの方々には応分の優待や見返りをプレゼントできるコミュニケーションツールです。

ソーシャルメディアと連携することによってその人の時価を決め、模擬株式(VA)を発行し、上場後、自分のタイムラインやSNSで価値をシェアし、トレードしたりできるサービスです。

VALUのいいところ

色々言われてますが、VALUの良い所って、ユーザー同士のコラボではないかと思っています。

もちろんお金が絡むサービスではあるので、いざこざやらありますが、今まで全く絡むことのなかった職種の人たちが繋がっていく様子を何度も見ていますし、僕自身も仕事でお願いしようかと思っている案件がちらほらとあります。

これはショートムービーをつくるプロジェクトのようです。

やり方には賛否両論あるみたいですが、このディスカッションもまた有益なのものではないでしょうか。

Twitterなどではなかなか声かけづらいですが、VALUは割と身近に接することができますし、まあ身近に接してくれて活動してまっせって表現するがVALUの使い方でもあると思うので、普段の仕事に近い強固な契約がそこにはあるんではないでしょうか。

VAの売買はもちろんありますが、そこで表示される価値よりもずっと大きな価値をその後築いていけると思うんですよね。

なので目先の売買や、投機目線だと見えないとこで信頼関係が崩れてたりすると思います。

僕も少なからず売買してますので、そう思うときもあるわけです。

なので、お金よりも信頼という部分が全面に出てくるサービスなのでそのあたりをしっかり考えながらコラボとかしていくとものすごい相乗効果が生まれていくのではないでしょうか。

全然始まったばかりのサービスですし、どんどん改善していってもっとおもしろいことができたらいいなとか思います。

では。

コメントを残す