EVEREXのICO詐欺メールの謝罪メールがきました

先日EVEREXのICOに関して、詐欺メールがきた!と記事を書きましたが、昨日謝罪メールが届いてました。

Google翻訳の直訳です↓

これは最近の出来事に関するEverex.ioのCEOで共同設立者Alexi Laneのメッセージです。

9月6日の水曜日にあなたが今学んでいるように、私たちのコミュニティに対して調整されたフィッシング攻撃が開始されました。フィッシング詐欺メールは、ETH 1回につき300個のEVXトークンを提供する通常のポストICOボーナスセールについてユーザーに通知しました。

残念ながら、コミュニティメンバーの電子メールアドレスと割り当てられたトークン残高(数字のみ、トークンなし)を含む一部の情報が侵害されたことを確認できます。
加害者は電子メールを送信することができました。
プライベートキー、トークン、または資金調達が影響を受けていないことを確認できます。パスワードは塩漬けされたハッシュで保存されていたため、侵害されませんでした。すべての資金は冷蔵庫で安全なままです。

われわれは、私たちのコミュニティと暗号侵害のコミュニティに大きな注意を払い、警戒し続けたいと考えています。これらの攻撃はすべてあまりにも一般的であり、トークンの生成および配信イベントに参加することに関連する「不足の恐れ」を犠牲にしています。電報グループやスラックチャンネルなど、複数のチャンネルから受け取ったすべての情報を常に確認してください。

今、私たちは状況が含まれていることを報告することができ、私たちはこの事件に関連するすべての側面の解決に引き続き取り組んでいます。徹底的な調査が完了した後、今後さらに詳細なアップデートを提供します。

要するに、メールアドレスと、それに紐づいたトークンの数字が流出され、さらにメールアドレスもハッキングされちゃいました!ってことです。

大丈夫なの!?笑

ただ、資金や不正送金などはできない仕様らしいので、今のところ実害はなさそうです。

世界的にもICOが過熱する中で、やはり付随する悪意がありますね。

自分で判断していくしかないので、物事の見極め力も研いていったほうがいいですね。

日本でもかなり被害がでている不正アクセスもあるようなので、気を付けましょう!

では!

コメントを残す