下げ要素満載!不穏な仮想通貨業界、しばらく下火か。

こんにちは!

今年は暗雲続きで、まだ下げ材料のオンパレードという最悪の条件下が続きます。

個人的にはまったく上げ要素がないので、身の振り方ではなかなか損するのではないかとよんでいます。

今現物ではETH、XRPくらいで、ほかはフィアットに変えました。

損切したのもたくさんあります。

杞憂であればいいんですが、とりあえず下げ要素が多すぎて様子見です。

下げ要素①ビットフライヤーのSFD

これは1月中に実行ということで進んできましたが、本日1/30。

あと二日です。

今日か明日です。いや、延期とかかなりえぐいと思うんですけど。

ただ、現状7~8%の乖離率なのでそこまで下げるとは思えないですが、まあ、ある程度は覚悟しておきましょう。

告知があるとすると、今日の昼あたりでしょうか。

今日なければ明日なので、折り込みはされるのか、といったところです。

現状のよこよこを破壊するメイン案件です笑

にしても、新規上場アルトコインもまだ。

色々考えるとXRPと踏んでるんですが、これは延期されそうな気もする。

全部延期されそうなきもする笑

下げ要素②テザー社問題、2400億の準備金

再発したテザー社問題。

これは沸々としてますが、発覚すれば大暗黒時代突入です。

テザー社の発行するUSDTを利用してビットフィネックスでビットコインの価格操作をしているのではないかという疑惑です。

預かった額と同数のUSDTを発行しているはずが、それ以上の発行をしているのではないか、それと同数の米ドルがテザー社にないのではないかという疑惑です。

要するにこれが疑惑でなくほんとにやってたらまじでやべぇってことです笑

大暴落必至です。

簡単に100万割ってくるでしょう。

現状テザー社は監査法人との契約打ち切りのうわさもありますし、もやもやとした感じです。

いずれにせよ、良くないことが起こりそうなので要注意です。メスが切り込まれる時期はよくわかりません。

下げ要素③コインチェック問題

昨日業務改善命令がありましたが、現金での返金について金融庁は納得できるものではなかったといっています。

実際に現金があるとは思いますが、どこから出てきた現金なのかってことですよね。

現状CCが保有しているコインを売却している可能性もありますし、もしそうだとしたらCC銘柄のアルトコインがある程度下落しそうな気もします。

いったんは落ち着いたものの、返金時期も未定、現状売買は入金はできるけど出金はできないという謎仕様。

今後の出方では売買再開でCCを離れるとともにアルトコインが売られる可能性も大きいですよね。

希望はあるのか

と、直近で影響がありそうな巨塔がこのあたりですね。

界隈では80万くらいまでの下落があるのでは、と囁かれています。

砲撃の度合いによってはもっと下もあり得るかもしれませんね。

希望はビットフライヤーのアルトコインの爆上げ、これはあまり信頼度がないですが、少しは上がるのではないかと思います。

あとは、ちゃんとしたプロダクトがあるコイン、いまだとエアドロップのある銘柄に投資しておくと少し先にいいことあるかもしれません。

僕としては、このまま様子を見ながら落ち着いたところで、有望そうなコインに再度インする形になると思います。

それまではDMMビットコインのアルトレバで遊んでます笑

ただ、スプレッド広すぎて絶賛マイナス中ですが、何かの拍子に爆上げしてくれたら元とれそうです。

スワップがきつい…。

激下げが来たらビットコインFXで鬼ショートをかますのもいいかもしれません。

状況によって手段を変えていくのは妥当だと思います。

損切と機会損失、利確ポイントを精査しながら慎重にやっていきたいですね。

では!

コメントを残す